sgb.log

sgb.log

テクノロジー、ビジネス、お金、娯楽の話などをつらつら綴っていきます

【人生で一番はまったゲーム】高校のころにハマった◯◯

今週のお題「やり込んだゲーム」で書いていきます。

皆さんいろんなゲームをしたことがあると思います。

わたしも数々やってきましたが、その中で一番はまったゲームについて話していきます。

 

 

一番はまったゲームは『囲碁』

わたしが一番はまったゲームは『囲碁

ゲームといえばTVゲームというイメージがありますけど、別にTVゲームじゃなくても良いと思います。

実際最近ですとカードゲームがブームですよね。

そんなわたしですが、ヒカルの碁』というジャンプマンガに影響受けて高校時代に囲碁にドハマリした時期がありました。

 

どういう経緯で始めたか?始めたきっかけ

正直小学生くらいのころに『ヒカルの碁』を読んでた時はルールもまともに知りませんでした。

それから中学時代はずっと柔道やってて、わたしの中学校は県でベスト3に入るくらい強豪でした。(わたしは弱かったのでレギュラーではありませんでしたが…)

しかもそのメンバーほとんどが地元の同じ高校に入り、隣の中学でエースだった奴も同じ高校に入り、すごく強いチームが出来ると思っていました。

しかし、高校の顧問と生徒で対立して、わたし含めほとんどのメンバーが1年で柔道部を辞めてしまいました。

そして柔道部を辞めて暇になってしまったので、たまたま囲碁始めたらハマった。というのが始めたきっかけです。

 

柔道部を辞めて囲碁部に入った理由

中学時代に「地元の高校に、柔道の有名な先生が顧問として来る」ということを教師経由で聞いていました。

しかし、その話は流れてしまいました。

そして実際に柔道部の顧問になった先生は、教員になり立てで柔道経験0年、ヒョロヒョロで運動も不得意な方でした。

それに対して生徒は中学時代に愛知県トップ3に入るようなメンバー。(個人では県優勝者も居ました)

先生が一番素人という状況でした。

そして、素人の先生が的外れな意見を出すことに耐えられなくなり、ついに対立してしまい、ほとんどのメンバーが辞めてしまいました。

(今考えると先生なりに頑張っていましたし、非常に気の毒な状況だったと思います。)

そんな頃に仲良かった友達が囲碁やっていたので、部活も辞めて暇なわたしは囲碁部の部室に顔を出すようになって、次第にルールを覚えていきました。

将棋は小学生の頃に好きで「将棋だけ遊びでやる」というスタンスで顔だしてたら、囲碁にハマっていって囲碁部に入部しました。

 

どれくらいハマってた?

平日の放課後は、守衛さんから毎日「帰りなさい」って言われるまで打ってました。

テスト期間も半日で終わるので、勉強せずに遊ぶか囲碁やってました。

そこから友達の家で21時くらいまで打って、土日も地元のおじいちゃん達が集まる囲碁会に参加するくらいハマってました。

正直学校の勉強よりも遥かに勉強したと思います。

高校2年生で覚え始めて、半年後くらいには中部棋院でやってる県大会の級位者リーグで優勝できるくらいには成長してました。

高校3年生の頃にはアマ2〜3段くらいと言われるくらいまでには成長できました。

 

先生の存在

以下のサイトによると、一般的には「アマ初段まで1年半〜3年程度かかる」と言われてるそうなので、約1年でアマ2〜3段までいくのは、成長スピードとしてはかなり早かったと思います。

初段プロジェクト(熱中したい方向け) | IGOホールディングス株式会社

成長の理由は先生の存在でした。

僕の住んでた町の町会議員で、アマ6段の先生がいました。

その方は年齢は70近かったと思いますが、よく部活にも顔出してくれて、土日も囲碁会開いて稽古付けてくださっていました。

そして、わたしたちが大会などで成果を出したりすると、顧問でもないのにお祝いをしてくださりました。

 

先生の死

夏休みも終わり、部活も引退して受験が本格化するころ、先生の訃報が飛び込んできました。

そして囲碁部のメンバーでお墓参りに行かせていただきました。

先生は囲碁が強いだけでなく、町会議員としても働き、囲碁を通じて精力的に若手を育ててくださる人格者で、聡明で本当に優しい方でした。

その先生が亡くなったのが本当にショックだったことを今でも覚えています。

あまり周りに囲碁が打てる人がいないので、それから囲碁を打つ機会はめっきり減りました。

それでも、今でもたまに打つときは先生の存在を思い出します。

 

さいごに

先生は紛れもなくカッコいいおじいちゃんでした。

わたしも将来おじいちゃんになったとき、若い人たちに何か伝えられるような老人になれたらなぁと思います。

今回は「やり込んだゲーム」から、自分の思い出話を書かせていただきました。

普段のようなメリット・デメリット系ではないのですが、読んでいただきありがとうございました。

【無料ブログ】GoogleAdsense(Googleアドセンス)に一発合格した話

先日GoogleAdsenseに一発合格しました。

 

正直ダメ元で申請したので「うぉぉぉぉ…!」とびっくりしました。

底辺ブログにも関わらず、無謀にも申請したら通って自分自身驚きました。

合格までにやったことを書いていきたいと思います。

先日グーグルアドセンスに一発合格しました。

いくらかかった?

完全に無料です。

はてなブログさんの無料プランで申請して通りました。

有料のオプションやツールなどは全く使用していません。

設定とかは追々詳細書いていこうと思っています。

 

どれくらい記事書いた?PV数は?

申請した時点で24記事(プライバシーポリシーなど含める)です。

1記事の文字数は大体1500~2000文字くらいです。

PV数は月200くらいです。少ないでしょうけど、読んでくれる方がいることには感謝ですね。

 

事前準備は何した?

やったこととしては、

です。この辺も少しずつ詳細書いていこうと思っています。

 

参考にしたサイト

以下のブログ様はかなり参考にさせていただきました。

redo5151.hatenablog.com

 

さいごに

無料のはてなブログでGoogleAdsenseはハードル高いと聞いていたので、自分自身驚きました。

少しずつ今回の内容肉付けしていく記事を書いていこうと思っています。

今回の記事はさらっとしていますが、追々リテイクしていこうと思います。

ではでは、読んでいただきありがとうございました!

【プログラミングってどうなの?】学ぶメリットを考えてみる

今回はプログラミングの話をしていきます。

最近プログラミングが注目を集めていますね。

それがなぜなのか、そしてプログラミング学ぶメリットについて個人的意見を書いていこうと思います。

なぜプログラミングが注目されているのか

一応自分のプログラミング経験

わたしは某国立大の工学部情報学科でプログラミングの勉強しました。

大学卒業後は情報系の大学院に進学して、現在もIT系の会社でプログラミングに触れています。

めちゃくちゃ詳しいレベルでもないですが、全くの素人というわけではないと思うので、今回の記事を書こうかなと思いました。

 

なぜプログラミングが注目されているのか

これは「世の中でIT化が進んでいるから」という結論になると思います。

もう少し具体的に考えるとスマホ」の存在が大きいと思います。

今ではみんなスマホを持っていて、みんなアプリを使います。

そして、アプリはプログラミングで作られています。

つまりアプリが沢山必要になるので、それを作る人が沢山必要になるというのがざっくりな概要です。

 

国もプログラミングを推進してる?

国もプログラミングを推進しています。

実際にIPA情報処理推進機構)の「IT人材白書2020」や経済産業省の「IT人材供給に関する調査」でも、「IT人材が不足する」という旨が書かれています。

そして、2020年度から小学校でもプログラミングを教え始めました。

さらに、2024年度の大学入学共通テスト(旧センター試験)でプログラミングの問題が出ることからも、国が推進してるのは明らかです。

国として「IT人材が不足しちゃうから、育てないと!」というメッセージが伝わってきますね。

 

プログラミングを学ぶメリット

これは本当に色々あると思います。

個人的な意見としは、

  • 仕事になる
  • 論理的な思考が身につく
  • 具体⇔抽象の練習ができる
  • 自信がつく

があると思います。

具体的に見ていきます。

仕事になる

これは分かりやすくて、シンプルにスキルが身について仕事ができて稼げます

エンジニア求人は増えているようですし、最近ですとフリーランスエンジニアとして仕事を受注するギグワーカーにも注目が集まっていますね。

前職でモノづくりの世界にいましたが、実際優秀なエンジニアは本当に引く手あまたでした。

(わたしはプロジェクト管理もしてましたが、優秀なエンジニアを確保できるかどうかでプロジェクトの進捗に影響が出るほどでした)

 

論理的な思考が身につく

プログラミングを学ぶと論理的な思考が身につくと思います。

これは数学や物理と似ていると思います。

ただ、具体的な数式が似ているというわけではありません。

高等数学を学んでいなくてもプログラミングは学べます。

 

たとえばプログラミングでは、

「AとBという変数を◯◯と定義します。これを使って△△という計算をします」

という流れで書きます。

 

これって数学や物理と似ていますよね?

数学や物理でも、前提条件を揃えてから論理展開していきます。

 

こういう思考をゲーム感覚で学べるのが良いところです。

さらに、プログラミングは結果が視覚的に見えるので、数学や物理よりも比較的簡単に楽しさを感じると思います。

 

具体⇔抽象の練習ができる

これは、たとえば「今回は消費税を計算するプログラムを書こう!」と決めました。

この目的は「抽象的」ですよね。じゃあ具体的にどうするの?という話になります。

そして、

「まず、◯◯円という入力する箱を用意して、それを10%で計算して、結果を表示して…」

という流れで、プログラミング言語を使って具体的に設計していきます。

この「抽象的な目的」→「具体的な設計」の流れを学ぶことができます。

こういった分解(具体化)したり俯瞰(抽象化)したりするスキルは、一朝一夕で身につかないと思いますし、プログラミングで学べるのはとても有意義だと思っています。

 

自信がつく

プログラミングのプロという話ではなく、シンプルに「PC操作に強く」なります。

そして周りからPC操作に強い人と思われれば、そこから相談を受けたりするうちに自信がつきます。

もちろんプログラミング極めて自信つけるのが理想ですが、結構ハードルが高いのと、プログラミング学んでいる人からと限定的になります。

もう少し広く考えて、プログラミングを学ぶ際に得られるPCスキルは、どんな仕事するうえでも無駄にはなりませんし、それが自信に繋がると思います。

 

さいごに

今回はプログラミングについての記事を書きました。

メリットも他にありますし、デメリットもあると思います。

プログラミングについては、また記事を書いてみたいなと思っています。

それでは、読んでいただきありがとうございました!

【ゲーム】『目隠し寿司ネタ当て』が結構面白かった話

久しぶりに今週のお題「寿司」で書いていきます。 

突然ですが、みなさん「芸能人格付けチェック」観たことありますか?

先日、あのノリで友達と『目隠し寿司ネタ当てゲーム』をしたら面白かったので紹介します。

最近はあまり外出とかもし辛いですので、遊びや話の「ネタ」にしていただければ嬉しいです。

 

 

『目隠し寿司ネタ当て』が結構面白かった話

基本ルール

わたしたちがやったルールを説明していきます。

  1. メンバー:最低2人以上
  2. 「目隠し役」、「食べさせ役」を決める
  3. 「目隠し役」はアイマスクした状態で「食べさせ役」から口に入れられた寿司ネタを当てる

はい。とっても簡単ですね。説明すら不要なレベルです。 

 

「バカ舌王決定戦」トーナメントルール

しかし、基本ルールだけで満足するわたし達ではありません。

「バカ舌王」という不名誉な王者を勝手に作り、それを決めるべくトーナメントルールを考えてやってみました。

  1. 「目隠し役」「食べさせ役」をそれぞれ2人決める
  2. 「食べさせ」役は「目隠し役」2人に同じ寿司ネタを同時に食べさせる
  3. 「目隠し役」は、寿司ネタが分かったらLINEで回答を「食べさせ役」に送る
  4. 「食べさせ役」の回答が揃ったら同時に結果発表
  5. 2人とも正解 or 不正解だったら、次の寿司ネタで再バトル。勝敗が決まるまで続ける
  6. 負けた方は「バカ舌」として次の対戦者とバトル。最後まで「負け残った人」が「バカ舌王」となる

このように「バカ舌王」を決めるべく熱いバトルを繰り広げてみました。

ただ「バカ舌王決定戦」は「敗者を決めるゲーム」なので、気心知れたメンバーとやるようにしましょう。

 

 用意するもの

つづいて用意するものです。

はい。当然ですね。これも説明すら不要なレベルです。

 

お寿司は「スシロー」の持ち帰りが中々優秀でした

最寄りのスーパーやお寿司屋さんで寿司をテイクアウトするのも勿論良いですが、個人的には「スシロー」の持ち帰りが結構良かったです。

理由は安くて種類が豊富だからです。

お持ち帰りすし | セットメニュー | 寿司(すし)・回転寿司 スシロー

わたし達は「特上セット10種」を買ってきましたが、4人前で4,620円。

1人あたり1,155円。普通に回転寿司行くのと大差ないです。

 

アイマスクは100均でOK

アイマスクは100均で普通に売ってるので、それを人数分用意すれば大丈夫です。

まだまだコロナ渦なので、アイマスク使い回しはやめときましょう。

 

個人的感想

これは是非自分でやってみて欲しいですが、難しい寿司ネタと簡単な寿司ネタがありました。

ただ、これはあくまでわたしの主観です。

わたしが「バカ舌」だからかもしれませんが、一応「バカ舌王」ではなかったという自己弁明だけしておきます。

何の寿司ネタが難しいかは、是非ともチャレンジして確認してみてください!

 

さいごに

今まで謎解きとかゲーム系の話をしたことはありましたが「自分たちでルール決めて遊ぶ」っていうのはとても良いと思います。

子供たちって自分たちでルール作って遊んだりしていて、創造性に溢れていますよね。

でもその創造性って大人になるにつれて、周囲の目とかしがらみとかで失っていっていると感じます。(あとは単純に仕事で疲弊して時間や、遊びに創意工夫するだけの体力が残っていないなどもあると思います)

遊び心は持った大人でいたいなぁと改めてブログ書きながら思いました。

何だか最後は真面目なこと書いてしまいましたが、とりあえず意外と盛り上がるので良ければやってみてください。

ではでは、読んでいただきありがとうございました!

【ブログ投稿】連日投稿して分かった「ブログを書くメリット・デメリット」

こんにちは。

ここ最近は、頑張りすぎないようにしつつ連日投稿を心がけていました。

(大して継続できてるわけではないですが、そこは大目に見ていただきたいです)

今回はその中で感じたブログを書くメリット・デメリットを書いていきます。

※今回は「お金稼げる」などの「外的要因」ではなく、「自分の考え方」などの「内的要因」について考えます。

ブログを書くメリット

ブログを書くことのメリット

ブログを書くメリットについて考えてみました。

  • 取材マインドが付く
  • 理解が深まる

↑様々あるにしても、個人的にはこの2つが大きいと感じました。

取材マインドが付く

日記的だったり、ニュース的だったり、書くことを意識して毎日を過ごすと「あ、これブログに書こうかな」とか気づいたり、メモするようになりました。

多少なりともそういう取材マインドが付いたのはメリットだと思います。

理解が深まる

また、ニュースなどは記事を理解しながら読もうとするので、単純に理解が深まりました。

たとえば先日書いた ”気圧の変化で頭痛が起きるのはなんで?” 記事の内容は、普通にプライベートで話せるくらいには頭に入っていました。

人に話したり、教えるとその過程で情報が整理されて、自分の知識に定着しやすくなるっていう話ですね。

ブログを書くデメリット

メリットの次はデメリットです。

  • 時間がかかる
  • 人と比べてしまう

↑こちらも様々あるにしても、個人的にはこの2つが大きいと感じました。

時間がかかる

これは当然ですが、そもそも時間がかかります。

どれだけ短い記事でも最低1時間くらいはかかるので、仕事がある日だと中々キツい時もあります。

ただ、ブログのように自由に書けることは(クオリティは別として)結構楽しいので、趣味としてなら全然アリだなーと思っています。

人と比べてしまう

これはブログ書くデメリットというより、発信活動全般に言えることかもしれません。

ブログを書く際に困りものなのは、どうしてもPV数だったり、スターの数を気にしてしまうことです。

そして、わたしのブログは完全に底辺ブログなので、他の方のブログ見た時に劣等感が湧いてしまいます。

ブログ参考のために回るとクリック数が稼げそうな「PV数が〜」や「収益が〜」といった記事に目が留まり、それらが劣等感を煽ってきます。

他人と比べると不幸になる

他人と比べると自分が不幸になることは、これまでの人生経験で身を持って経験しました。

わたしは大学受験で頑張って国立大入って、そのあと売上数兆円規模で周り高学歴だらけの一部上場企業に入りましたが、人生全く幸せではありませんでした。

ですが、「競争が100%絶対に悪!」とまでは言いません。

仕事とかそうですし、むしろ競争心が向上心を湧かせてくれる面もあると思います。

ただ、それでも他人と比べることは不幸になるリスクが高いと思います。

他人はコントロールできないですし、上を見れば青天井だからです。

(↑この辺は書籍 ”嫌われる勇気” を見ていただくと良いと思います。)

仕事なら話は別

ただし前提として、一定の収益が出てれば状況も違うと思います。

それは仕事なので競争に勝つことが必要になってきます。

周りに勝つために戦略を立てて収益を上げて生計を立てる。

これは全く間違っていないので、さっき話した「PV数稼げそうな記事」を批難するつもりは1mmもないです。

むしろリスペクトしかありません。

ですが今のところブログで1円ももらえていないので、わたしは(現状)ブログを仕事ではなく趣味として捉えている、という話です。

とりあえず連日投稿はやめる

自分なりの意見を一旦書きましたが、とりあえず連日投稿はやめます。

最近他にやりたいことが出来たので、時間を割く優先度を変更したいからです。

頻度は分かりませんが、今後は気になった内容とかを不定期に上げていきたいと思います。

さいごに

今回は、ブログを書くこと自体について書きました。

メリットとデメリットを自分なりに「気づき」として得られました。

本などで知識として頭に入れることと、実際に自分で行動して「気づき」を得ることは異なると思っています。

コンパクトにまずはやってみるスタンスを学べたと思っています。

今後も何か気づいたことあれば発信していきたいと思っているので、よろしくお願いします。

ではでは、読んでいただきありがとうございました!

【新技術】Wi-Fiで発電が出来る!?新ニュースについて考えてみた

こんにちは。

今回は、東北大学から”Wi-Fi の電波で発電するスピントロニクス技術を開発”という研究が発表されたので、それを元に今回は話していきたいと思います。

 

↓東北大のニュース

http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv_press20210514_03web_wifi%20.pdf

 

 

どんなニュース?

 

どんなニュース?

 

ざっくり言うとWi-Fiの電波使ってLEDを光らせれた」そうです。

これすごいですよね。

この技術使えば、センサーとか飛躍的に進歩するのではないでしょうか?

わたしは前職でライン設計に携わっていましたが、生産設備なんてセンサーの塊です。

もちろんセンサーは給電用ケーブルが必須ですが、この技術が応用されていけばワイヤレス化してより効率的になります。

(ケーブルレスになれば、製作&メンテコストはもちろんスペース効率も上がります)

技術畑の人間としてはワクワクが止まらないニュースです。

 

一般ユーザーにはどんなメリットがある?

もちろんそんなオタクっぽい話だけでなく、一般ユーザーにもメリットはたくさんあると思います。

スマホを充電できる!」というような発電量はちょっとまだ難しいとは思いますが、先に上げたセンサ給電の場面で飛躍的に活躍できると思います。

例を挙げるなら家電です。

たとえば、わたしたちが普段使用している家電って多くのものに「マイコン」というプロセッサが入っていて、他に無数の「センサ」が入っています。

炊飯器や洗濯機で色んな設定を出来るのは「マイコン」や「センサ」のおかげです。

この「マイコン」が各「センサ」を制御しながら調整することで、便利に動作してくれるんですね。

そのとき、全て電源線を結んだりする手間がなくなったら、もっとコンパクトな設計になったり故障率も減るかもしれません。

(故障の原因はケーブルの経年劣化が結構ありますので)

 

さいごに

今回の話はテクノロジーの進化を感じる内容でした。

電気のエネルギー回収の話は、今後のテクノロジー業界でめちゃくちゃデカいミッションだとわたしは思っています。

今後が非常に期待できる分野だと思いましたし、(シンガポールと共同研究みたいですが)日本の大学からこういうニュースが出るのは嬉しいです。

ではでは、読んでいただきありがとうございました!

【梅雨入り】雨の日の「メリット」について考えてみた

今週のお題「雨の日の過ごし方」で書いていこうと思います。

梅雨入りして、毎日のように雨です。

雨ってなんだか嫌だなぁと感じます。

しかし、なにかメリットないかなと考えてみました。

 

 

最大のメリットは「家で過ごしてて損した気持ちにならない」

最大のメリットは「家で過ごしてて損した気持ちにならない」

 

これはわたしの意見ですが、休日にすごく天気が良いと「外に出なきゃ損」という気持ちになりませんか?

わたしは休日で天気がいい日に家に居ると「折角天気良かったの外出しなかったなんて、自分は行動力のない人間だ」なんて自己嫌悪に陥ってしまうこともありました。

(前職で仕事が忙しすぎて半分メンタル死んでた頃は特にそうでした)

でも休日に家居たいことだってありますよね。

しかし雨の日なら「今日は雨の日だから家に居る」という大義名分ができます。

自己嫌悪に陥るリスクありません!自分にやさしくなれる!ごめんよ自分!

個人的にはこれが最大のメリットだと思います。

 

エンタメや勉強を楽しみましょう

じゃあそんな「雨の日」という免罪符を手に入れたところで、何をするのかです。

基本わたしは、

  • 映画鑑賞
  • 読書
  • ネットサーフィン
  • 掃除

をします。

まぁ普通のことを普通にしています。

エンタメを消費するのもそうですけど、新しい知識入れるのも楽しいです。

最近ですとYouTubeとかで本要約系の動画はよく観ます。

 

あえて散歩もあり

個人的には雨の日に傘さして軽く散歩するのも良いと思います。

(ザーザー振りだと流石に嫌ですけど、パラパラな小雨のときですね。)

周りが普段と少し違った見え方します。

普段よりも少し薄暗さがあったり、普段より静寂を感じたり、道路が水で煌めいてる感じを見たり。

何となく味わいのある雰囲気を楽しめるので、小雨のときの散歩も悪くないと思います。

 

その他のメリット

他にも挙げるとするなら、

  • 花粉が飛ばない
  • 涼しい(夏季)

という点もあるでしょうか。

ただこの辺は季節性のものですね。

 

さいごに

今回は雨の日の「メリット」について書きました。

ただ今回の話で大事な考え方は、

「一見ネガティブなものでも、捉え方次第でポジティブな面もある」

ということです。

自分の姿勢は、出来るだけポジティブさを持てるといいですよね。

ということで、今回の記事で何か気づきがあれば幸いです。

読んでいただきありがとうございました!